乾燥のせいで崩れるメイクはNO!保たせメイクのやり方

投稿日:

特に冬場や乾燥する季節に乾燥によるメイク崩れに悩む女性は多いのではないでしょうか。

メイクの上からでも粉をふいたり口紅を塗った唇がガサガサだったり、、、乾燥によるメイク崩れを防いで美しい肌を手に入れましょう。

まずは土台のスキンケア

メイクの乾燥崩れを防ぐためにまずはベースとなるスキンケアでしっかりと保湿を行いましょう。

クレンジング、洗顔は古い角質や汚れをしっかりと取り除いていきます。

古い角質が剥がれずに肌に残っていると、肥厚して乾燥の原因になりますので注意してください。

クレンジング、洗顔は丁寧にが絶対条件です。

そしてその後の化粧水はヒアルロン酸やセラミド、コラーゲンなど保湿効果の高い成分が配合されているものを選びましょう。

肌に入るだけ化粧水を入れ込んでいきます。

さらに乾燥しやすい方はこの後に保湿パックも行いましょう。

シートパックでもいいですし、コットンに化粧水を染み込ませてコットンパックでも良いです。

この際、上からラップで包み込むとより保湿効果がアップします。

鼻と口はあけてくださいね。

そして乳液もたっぷり使います。

化粧水をしただけではすぐに肌から水分が逃げていってしまうため、乳液で蓋をしてあげましょう。

その後、より乾燥が気になる部位にクリームをのせてあげてください。

メイクをする前のスキンケアの段階が非常に重要です。

 

メイクは薄くが基本

そしてメイクの乾燥崩れを防ぐにはメイクは薄くを心がけてください。

厚塗りすればするほど乾燥は目立ってきます。

薄付きでもカバー力の高いものを選んでください。

そしてお粉のファンデーションは乾燥が気にやる部位にはのせないようにしてください。

粉がのってしまうとカサカサと乾燥した際に目立ちやすく、メイクの上からでも粉吹きしやすくなってしまいます。

そしてそれでも乾燥する方はBBクリームにほんの少し美容オイルを混ぜてみましょう。

オイルでBBクリームの伸びが良くなる程度で大丈夫です。

オイルでお肌を潤わせつつ、BBクリームでカバーすることができます。

 

スプレータイプの化粧水はマスト

そしてそれでも乾燥してしまう場合があります。

乾燥する方は常にスプレータイプの化粧水を持ち歩くと良いでしょう。

乾燥が気になったらすぐにシュッと吹きかけるようにします。

スプレータイプの化粧水を買っても良いですし、自分の気に入った化粧水はスプレーのボトルに入れ替えても良いです。

とにかくこまめにお肌に水分補給をさせてあげましょう。

そしてこの際、出来るだけ細かく噴射されるスプレータイプを選ぶと良いでしょう。

あまり粗いものだと返って化粧水の水滴でメイクが崩れてしまいます。

 

まとめ

冬場や花粉症の時期など乾燥する時期はたくさんあります。

そしてその乾燥によりせっかくのメイクが崩れてしまっては気分も下がってしまいますよね。

乾燥によるメイク崩れがないようにまずはベースのスキンケアでしっかりとお肌を作り、メイクの際も一工夫してみましょう。

それだけでお肌の作りは格段に変わってきます。

Copyright© ラミューテが美肌に効果的な理由&ラミューテの最安値情報をご紹介! , 2019 All Rights Reserved.