化粧水を冷やすことにはメリット・デメリットあり!

投稿日:

夏になると、毛穴やテカリが気になりがちですよね。

そこで、毛穴を引き締める方法を探すと「化粧水を冷やす」という方法が多く言われていませんか?

確かに、暑い日に冷たくした化粧水をつけるとひんやりして気持ちよさそうです。

しかし、化粧水を冷やしてつけることには、本当に引き締め効果があるのでしょうか。

また、デメリットはあるのでしょうか。

この記事では、化粧水を冷やすことに対してもメリット・デメリットについてご紹介していきます。

化粧水を冷やすメリット

冷やした化粧水を使うと、一時的に開いた毛穴や緩んだ筋肉が引き締まります。

引き締め効果はメリットだと思われがちですが、この効果は一時的で、30分もしてしまえば引き締まった肌ももとに戻ってしまいます。

それでは、化粧水を冷やすメリットとは何でしょうか。

メイクの直前に引き締め効果を与える

冷やした化粧水を夜のお手入れに使うのはあまり意味がないですが、朝に使うとメリットがあります。

メイクをするとき、特にベースメイクは肌がきめ細かい状態のほうが綺麗に付きますよね。

毛穴やたるみが気になる……という方は、メイクの直前に冷やした化粧水を使ってみて下さい。

一時的にでもキュッと締まった肌には、ファンデーションやパウダーのノリが良くなるのが感じられるはずです。

ただ化粧水をつけるだけでなく、コットンパックを行うとよりうるおいが与えられるのでおすすめですよ。

シミの原因を抑える

冷たい化粧水を使う利点はもう一つあります。

それは、肌を適度に冷やすと、シミの原因となる「ヒスタミン」の活動を抑えられるということです。

特に夏場は紫外線が強くなり、シミやそばかすが増えてしまい困るという方も多いと思います。

そんな方は、冷えた化粧水でスキンケアをしてあげると火照りも収まり、シミも防止することができて一石二鳥ですよ。

化粧水を冷やすデメリット

逆に、化粧水を冷やすことのデメリットとは何でしょうか。

化粧水を冷やして使うと、化粧水のうるおいや美容成分の浸透力がガクンと落ちてしまいます。

また、化粧水を早く使いたいがあまりに過激に冷やしてしまうのもよくありません。

配合していいる美容成分が固まって結晶ができたり、成分が変化して効果が下がってしまう可能性もあります。

特に、冷蔵庫で冷やしたものを常温に戻し、また冷やす……と繰り返してしまうことは化粧水の中身が変質してしまうこともあるので気をつけましょう。

化粧水を冷蔵庫で冷やして使うときには、

  • 冷蔵庫の温度を低く設定しすぎない
  • 一度冷やしたら常温に戻さない

ということを心がけて下さい。

さらに、冷たい化粧水を使いすぎることで肌にダメージを与えてしまう可能性もあります。

皮脂の分泌が過剰になったり、化粧水の浸透力が落ちてしまったりなど逆効果となることもありますので、肌の冷やし過ぎには十分注意して下さい。

冷やすこと以外で毛穴を引き締めるには?

冷たい化粧水を使うためにわざわざ冷蔵庫まで行くのが面倒……というときもありますよね。

そんなときは、洗顔の最後に冷たい水で仕上げ洗いをしてみましょう。

さらに、化粧水もさっぱり目のものを選び、ビタミンC誘導体・ハマメリスエキス・キューカンバーエキスなど引き締め効果のある成分が配合されているものがおすすめです。

また、化粧直しの際は化粧水とコットンを使い、崩れたベースメイクを優しく拭き取るとさっぱりしてメイクのりも良くなりますよ。

紫外線を浴びてしまったら、水を含ませたガーゼや保冷剤を包んだハンカチで軽く冷やしてあげましょう。

ここで、保冷剤を直接つけるのはNGです。上でも解説したとおり、肌にダメージを与えて赤ら顔の原因となってしまうことがあります。

肌を冷やす際には、ゆっくりと優しく行うのがポイントですよ。

まとめ

この記事では、化粧水を冷やすことのメリット・デメリット、冷やす以外の引き締め方について解説してきました。

暑い夏場は毛穴が開きがちですので、ぜひチャレンジしてみて下さいね。

Copyright© ラミューテが美肌に効果的な理由&ラミューテの最安値情報をご紹介! , 2019 All Rights Reserved.