毛穴に詰まった角栓は上手なケアでスベスベに!おすすめケア方法は?

投稿日:

鼻や口まわりの詰まった角栓が気になる!という方は多いと思います。

飛び出した角栓があるとメイクが浮いてきてしまったり、触るとぼつぼつするのでつい気になって取ってしまう……という経験はないでしょうか。

実は、正しいケアを知らないまま角栓を取ってしまうのはとても危険な行為です。

うかつに角栓を取ると、その瞬間は綺麗になりますがその後のお肌がもっと大変なことになってしまう可能性も。

この記事では、「詰まった角栓を綺麗にケアする方法」について詳しく解説していきます。

角栓が気になってしょうがない!という方はぜひお読みください。

角栓が詰まってしまうメカニズム

角栓のケアについて話す前に、そもそもどうして角栓が詰まってしまうのかという原因について解説していきます。

角栓は、毛穴の中に汚れがたまり、皮脂と混じり合って固まることでできています。

空気中の塵や埃、メイクの成分、角質など肌の上には様々な汚れ成分があり、それが毛穴から分泌された皮脂や汗と混じり合って酸化するのです。

特に女性は頻繁にメイクをする方が多く、毛穴に汚れが入り込みやすい環境になっていますよね。

毎日きちんとメイクを落としていれば問題ないのですが、落とし残しがあったりクレンジングや洗顔の成分が残っていると角栓ができやすくなってしまいます。

メイクを落とさず寝てしまうことは特に危険です。

クリームファンデーションやコンシーラーなどを使い濃いめのメイクをする方は十分に気をつけてください。

また、忙しいからといってシートクレンジングを毎日使うことは避けましょう。

シートクレンジングは肌の表面の汚れを取ることはできますが、毛穴の奥に入り込んだ汚れはきちんと取り去ることができません。

また、肌を擦って落とすため刺激が大きく、乾燥や肌荒れの原因となってしまいます。

後ほど、正しいクレンジングの方法を記載しますので、ぜひチェックしてみてください。

なぜ詰まった角栓を取るのはダメなの?

とは言っても、既に詰まっている角栓を見つけるとつい取ってしまいたくなりますよね。

しかし、本当に角栓をなくしたいのなら、角栓を無理やり取ることはやめましょう。

角栓が見えるということは、角栓に押されて毛穴自体が大きく開いてしまっている状態です。

その状態で、何も考えず指で押し出したりピンセットで抜き取ったりしたらどうなるでしょうか。

角栓が取れて肌触りはなめらかになりますが、毛穴は大きく開いたままの状態になってしまいます。

開いた角栓には再度汚れが入り込みやすく、次にできる角栓はもっと大きいものになってしまうことも。

これを繰り返すことで毛穴の開きが更に大きくなり、すり鉢状のとても目立つデコボコ毛穴が完成してしまうのです。

さらに年齢を重ねるにつれて肌がたるむと水玉状の毛穴がしずく型の毛穴になり、こうなってしまうと家庭でのスキンケアでは対処することは不可能です。

それでは、角栓を見つけたらどうすれば良いのでしょうか。

詰まった角栓をケアする方法

クレンジングと洗顔で汚れをオフ

まずはクレンジングと洗顔できれいに汚れを落とすことが大切です。

肌表面に汚れが残ったままだと角栓の元になってしまうので、まずは洗顔とクレンジングを丁寧に行うことが基本になります。

角栓が気になる方は、オイルタイプやクリームタイプのクレンジングが良いでしょう。

メイクが薄めの方は刺激が少なめのミルククレンジングもおすすめです。

クルクルと手のひらが円を書くようにクレンジングをなじませ、隅々まで洗い流します。

角栓も油性の汚れなので、角栓が浮いてくるように優しく撫でて浮き上がらせるのがコツです。

ダブル洗顔必要のものなら、クレンジング成分が残らないようにたっぷりの泡で仕上げ洗をしましょう。

朝の洗顔も、外出していない・メイクをしていないからといって適当に行うのはNGです。

朝の顔には、夜の間に出た汗や皮脂、ホコリなどで意外と汚れています。

基本はぬるま湯で、ベタつきが気になる方は洗顔料で洗ってください。

保湿と引き締めを重視したスキンケア

洗顔後の化粧水は、引き締め効果のある化粧水を使うと肌がさっぱりとします。

開いた毛穴を閉じることで、次に角栓ができやすくなることを防ぎましょう。

また、化粧水だけでスキンケアを完了するのは良くありません。

引き締めるだけでなく、クリームや乳液で保湿してあげることも大切です。

きちんと保湿した肌は柔らかく、角栓が離れやすい状態になります。

毛穴の汚れや皮脂・角質が自然に落ちていくターンオーバーの整った肌にするために、保湿も丁寧に行ってください。

メイクは薄めを心がける

肌のあらを隠そうとして、ついクリームファンデーションやコンシーラーを使いたくなってしまう気持ちも分かります。

しかし、角栓が気になる方はなるべく薄めのメイクを心がけてください。

濃いメイクは角栓の元になりやすく、落とすときも大きな刺激を与えてしまいます。

バッチリメイクは休日だけにして、平日はできるだけ軽いメイクにシフトしていきましょう。

まとめ

無理に角栓を取るとさらに角栓ができやすくなる悪循環が生まれるということはご理解いただけましたか?

焦らず毎日丁寧にケアをすることで、肌が角栓を排出する力をサポートしてあげましょう。

角栓のないツルツルの美肌を実現してくださいね。

Copyright© ラミューテが美肌に効果的な理由&ラミューテの最安値情報をご紹介! , 2019 All Rights Reserved.